「獲れるタイトルはすべて獲りたい」
横浜ビー・コルセアーズ、田渡凌選手が語るNBA、B.LEAGUE

  • 2018/1/15

田渡凌

1月3日(水)にWOWOWで放送されたポートランド・トレイルブレイザーズ対クリーブランド・キャバリアーズ戦に田渡凌選手(横浜ビー・コルセアーズ)がゲスト出演しました。田渡3兄弟の三男でアメリカ留学経験がある田渡選手。初めての解説を終えた後に今季のNBA、B.LEAGUEのことなどについて話してもらいました。


——NBA解説お疲れ様でした。解説自体も初めてとのことでしたが、体験してみてどうでしたか?

 私がアメリカに留学していた時にチームメイトと一緒にNBAを見ていて、いろいろ言い合いながらみるのが楽しかったので、その時のことを思い出しながら解説していました。とても楽しかったです。

——今日の試合はいかがでしたか?

 第3Qまでお互いがお互いの持ち味を出していましたが、第4Qでキャバリアーズがリバウンドとターンオーバーを誘うディフェンスで踏ん張り、逆にトレイルブレイザーズが失速していったという展開でした。(復帰戦となった注目選手のアイザイア・トーマスについては)今日見た限りでは、いつものリズムでプレイできるところまで戻っているので、今後が楽しみです。トレイルブレイザーズでは、デイミアン・リラードが好きです。今日もトーマスとバチバチやりあって、そういう場面でも活躍するのがリラードの持ち味だと思っています。バチバチした中でも冷静かつ強気でいくリラードのパフォーマンスを見られて良かったです。どんな距離でもスリーポイントを決めてくるのは、同じポイントガードとして見本にしたいです。

——NBA初心者に向けて、NBAの楽しみ方を教えてください。

 バスケットボールは、他の競技と比べて点が入るスポーツです。その中でもNBAは、シュート力が高い選手が多く、得点がたくさん入るのが魅力です。あとは、ダンクシュートだったり、身体能力を生かす競技ですので、そのあたりも楽しいです。見た目も派手ですし。


——今シーズン注目している選手を教えてください。

ジョン・ウォール(ワシントン・ウィザーズ)選手です。前述のリラードは負けん気の強さ、ラッセル・ウェストブルック(オクラホマシティ・サンダー)はガツガツいく、そういう“熱い”選手が好きです。その中でもウォールはスピードがあって、過小評価されていると思うときもありますが、トップクラスの選手です。技術はもちろんのことですが、気迫あふれるプレイをするところに惹かれます。あとは、コート外の行動も惹かれますね。昔はヤンチャしていたけど今はしっかりして、慈善活動などもしているプロのアスリートとして尊敬しています。

——ご自身のプレーで参考にしている選手がいれば理由と合わせて教えてください。

 ボールスクリーンとピックアンドロールを使うというのが、今はバスケの、特にポイントガードの主なゲームの組み立て方だと思うんですけど、そういう部分でカイリー・アービング(ボストン・セルティックス)は参考になります。ウォールはタイプが違うけど、スクリーンの使い方、ポイントガードとしてのゲームの組み立て方は参考にしています。

——海外留学されている時にNBA選手とワークアウトした経験はありますか?

 ウェストブルックは記憶に残っています。めちゃくちゃいい人でした。自分でも言っていましたが、彼はコート上ではいいやつではないけど、コートを離れたらいいやつだと。実際にその通りでした。気さくに挨拶をしたり、コミュニケーションを取ってくれました。オフコートの部分でも尊敬していますし、練習では誰よりも早くコートに来て、一番遅くに帰っていました。バスケットボール選手として良い経験をさせてもらいました。

——中高生にお勧めする選手はいますか?

 日本人からしたら、身長があまり高くないアイザイア・トーマスでしょうか。小さくても体の使い方、間合いの取り方というのは、真似してできる部分だと思います。プレーを見ながら覚えたりすることができれば上手くなれるはずです。ボディコンタクトでできたスペースを上手く使ってフィニッシュするというのがトーマスの真骨頂であると思うので、その辺は参考になると思います。

——B.LEAGUEについてお聞かせください。今シーズンここまで振り返ってみていかがですか?

 今8勝20敗なんですが、もちろん満足しておらず、自分のパフォーマンスにも満足していません。これからの練習で、どれだけ自分と向かい合えるかがカギだと思っています。チームも状態は上向いています。これまでは連敗していたのですが、12月に4勝5敗で、ある程度リズムがつかめてきたと思います。自分自身もどうやったらチームに貢献できると分かってきたので、もっとその精度を高めていってチームに貢献したいです。

——ご自身、またチームの目標を教えてください。

チームの目標は、チャンピオンシップに出場することです。個人としては、獲れるタイトルはすべて獲りたいです。もちろん今のパフォーマンスではだめですので、もっと活躍したいと思います。

——会場まで見に来てくれるファンの方にご自身のどんなところ(プレー)をみてほしいですか?

 自分の負けん気の強さであったり、気持ちで相手を圧倒する部分は見てほしいです。どんなにチームが劣勢でもガツガツいったりするところをみて何か感じてもらえればと思います。

——最後にファンへメッセージをお願いします。

これからもバスケットを見て楽しんでください。NBAほどではないですがB.LEAGUEも盛り上がっています。僕らプロの選手はできるだけ高いクオリティを出すために練習をしていますので、会場に足を運んでいただきたいと思います。これからも応援よろしくお願いします。

◆◆◆ WOWOW番組情報 ◆◆◆

★「超絶ドラマチック!NBAバスケットボール」

12/28(木)~2018/1/13(土)は「日本バスケ×NBAコラボWEEK!」
国内トップ選手が集結!

1/5(金) 午後3:30〜 「サンダーvsクリッパーズ」 [WOWOWプライム]
ゲスト:伊藤 大司(レバンガ北海道)

1/6(土) 午前9:45〜 「スーパーサタデーLIVE!ラプターズvsバックス」 [WOWOWプライム] ゲスト:宇都 直輝(富山グラウジーズ)、長谷川 智也(サンロッカーズ渋谷)

1/10(水) 午後0:30〜 「ヒートvsラプターズ」 [WOWOWライブ]
ゲスト:松井 啓十郎(シーホース三河)

■詳しくはWOWOW NBA ONLINEへ!
http://www.wowow.co.jp/sports/nba/

もっと見る

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回初回放送
新番組
最終回
生放送
5.15.1chサラウンド放送
二カ国語版二カ国語版放送
吹替版吹替版放送
字幕版字幕版放送
字幕放送
無料ノンスクランブル(無料放送)
PG-12指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
PG12指定劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
R-15指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定相当R-15指定に相当する場面があると思われるもの
R15+指定劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定相当R15+指定に相当する場面があると思われるもの
R指定1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの