{"prg_cd":"112205"}
{"prg_cd":"112230"}
{"prg_cd":"112700"}
{"prg_cd":"113119"}
{"prg_cd":"112641"}
{"prg_cd":"019607"}
{"prg_cd":"111798"}
{"prg_cd":"112571"}
{"prg_cd":"112706"}
{"prg_cd":"111380"}
{"prg_cd":"112092"}
{"prg_cd":"110709"}
{"prg_cd":"112944"}
{"prg_cd":"112534"}
{"prg_cd":"112859"}
{"prg_cd":"011721"}
{"prg_cd":"112854"}
{"prg_cd":"111913"}
{"prg_cd":"112634"}
{"prg_cd":"112111"}
{"prg_cd":"112531"}
{"prg_cd":"113036"}
{"prg_cd":"103685"}
{"prg_cd":"111717"}
{"prg_cd":"112086"}
{"genre_cd":"01"}

映画
光をくれた人

光をくれた人

8/3(金)午前6:30

WOWOWシネマ 字幕版 5.1

M・ファスベンダーとA・ヴィカンダー、そしてR・ワイズ。人気と実力を兼ね備えた役者陣が集結し、ひとりの赤ん坊をめぐって息詰まるドラマを繰り広げる切ない感動作。

世界の40カ国以上で翻訳されたM・L・ステッドマンのベストセラー小説「海を照らす光」を、「ブルーバレンタイン」のD・シアンフランス監督が実力派のキャストを取りそろえて映画化。小さな孤島で灯台守として暮らす1組の夫婦が、偶然島に漂着した赤ん坊を自分たちの子どもとして大切に養育するものの、やがてその子の実母と偶然めぐりあい、子どもへの愛と良心の板挟みにあって苦悶するさまを、切なくドラマティックに描写。主役陣も息詰まる演技合戦を披露し、観る者の心を激しく揺さぶる感動作に仕上がった。 ※初回放送時の情報を掲載しております。

My番組登録者数
  • 171
光をくれた人

M・ファスベンダーとA・ヴィカンダー、そしてR・ワイズ。人気と実力を兼ね備えた役者陣が集結し、ひとりの赤ん坊をめぐって息詰まるドラマを繰り広げる切ない感動作。

第1次世界大戦終結後の1918年。戦争の英雄として帰還したトムは、オーストラリア西部の沖合に浮かぶ絶海の孤島で灯台守として働くことに。深い孤独を抱えた彼は、やがて若く美しい女性イザベルと運命的に出会って結婚。孤島での生活にもようやく明るい灯がともるが、イザベルは2度の流産に見舞われ、悲嘆にくれることに。そんなある日、島にボートが漂着。その中には、既にこと切れた男性と、生後間もない赤ん坊がいた…。

作品データ

  • 原題/The Light Between Oceans
  • 制作年/2016
  • 制作国/アメリカ/イギリス/ニュージーランド
  • 内容時間(字幕版)/133分
  • ジャンル/ドラマ

出演

役名 役者名
トム・シェアボーン マイケル・ファスベンダー
イザベル アリシア・ヴィカンダー
ハナ レイチェル・ワイズ
セプティマス・ポッツ ブライアン・ブラウン
ラルフ・アディコット ジャック・トンプソン

スタッフ

  • 監督
    デレク・シアンフランス
  • 製作
    デヴィッド・ハイマン
  • 製作
    ジェフリー・クリフォード
  • 脚本
    デレク・シアンフランス
  • 撮影
    アダム・アーカポー
  • 音楽
    アレクサンドル・デスプラ

関連特集

平日夜は最新映画!

W座からの招待状

小山薫堂と信濃八太郎が本物の映画を案内

ユーザーレビュー

現在、3件のレビューが登録されています。

  • 喜びも悲しみも幾年月

    • ★★★★★
    • かまちゃん12号
    • 2018/07/19 13:52

    深くて、一筋縄では行かない人生を感じさせる映画でした。原題は「海を照らす光」ですが、邦題の「光をくれた人」の方が味わい深いタイトルでしたね。観ていて、夫の行動を 続きを読む

  • 光をくれた人

    • ★★★★★
    • K@
    • 2018/07/16 18:26

    原題「The Light Between Oceans」の意味を汲んで
    いいタイトル(邦題)をつけましたねぇ。

    登場人物、それぞれに「光をくれた人」がいて
    続きを読む

  • ネタバレ演技合戦☆

    • ★★★★☆
    • ISHU
    • 2018/07/12 21:55

    このレビューはネタばれのため本文を表示していません。 本文を見る

ログインしてレビューを投稿する

関連特集

平日夜は最新映画!

W座からの招待状

小山薫堂と信濃八太郎が本物の映画を案内

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回初回放送
新番組
最終回
生放送
5.15.1chサラウンド放送
二カ国語版二カ国語版放送
吹替版吹替版放送
字幕版字幕版放送
字幕放送
無料ノンスクランブル(無料放送)
PG-12指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
PG12指定劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
R-15指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定相当R-15指定に相当する場面があると思われるもの
R15+指定劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定相当R15+指定に相当する場面があると思われるもの
R指定1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの