{"prg_cd":"108710"}
{"prg_cd":"075521"}
{"prg_cd":"110184"}
{"prg_cd":"110631"}
{"prg_cd":"105998"}
{"prg_cd":"111605"}
{"prg_cd":"111523"}
{"prg_cd":"102962"}
{"prg_cd":"111654"}
{"prg_cd":"111621"}
{"prg_cd":"107840"}
{"prg_cd":"110767"}
{"prg_cd":"108271"}
{"prg_cd":"110586"}
{"prg_cd":"107684"}
{"prg_cd":"108024"}
{"prg_cd":"109140"}
{"prg_cd":"110379"}
{"prg_cd":"111781"}
{"prg_cd":"111549"}
{"prg_cd":"107738"}
{"prg_cd":"101982"}
{"prg_cd":"108372"}
{"prg_cd":"109086"}
{"prg_cd":"107245"}

ステージ
三谷幸喜「不信〜彼女が嘘をつく理由」 段田安則×優香×栗原英雄×戸田恵子

三谷幸喜「不信〜彼女が嘘をつく理由」

12/30(土)午後3:15

WOWOWライブ

三谷幸喜の新たな挑戦が傑作を生んだ!これは緻密に計算されたサスペンス?それともコメディ?ささいな“嘘”から巻き起こる驚愕の展開と・・・誰も予想できない結末。

三谷幸喜、初の心理サスペンス。“嘘”をテーマとした本作は、2組の夫婦が、一つの嘘から次々と予想不能な出来事に巻き込まれていく不穏でミステリアスな物語。
出演は三谷が作・演出した「酒と涙とジキルとハイド」でコメディエンヌとしての魅力を放った優香のほか三谷が全幅の信頼を寄せる段田安則(「ホロヴィッツとの対話」「国民の映画」)、戸田恵子(「なにわバタフライ」「グッドナイト スリイプタイト」)に加え、三谷が脚本を手掛けた大河ドラマ「真田丸」に出演した栗原英雄という演技派が集った。
※初回放送時の情報を掲載しております。

My番組登録者数
  • 389

三谷幸喜の新たな挑戦が傑作を生んだ!これは緻密に計算されたサスペンス?それともコメディ?ささいな“嘘”から巻き起こる驚愕の展開と・・・誰も予想できない結末。

三谷作品といえば、ワンシチュエーション・コメディがその代名詞となっているが、今回はそれと様相を変え目まぐるしくシーンが変わる。「映像作品の台本のつもりで書いた」と語る三谷は、シーンの切り替えを映像と同じようなテンポで見せるためにはどうすればよいかなど、演出面で苦労したという。その結果、リアルなセットが多かったこれまでの三谷作品とは一線を画す、斬新な舞台美術を採用、二方向を客席に挟まれた舞台となった。三谷の新しいチャレンジが詰まった作品。
【ストーリー】高校教師の夫(段田安則)と雑誌編集者の妻(優香)が、購入したマンションに引っ越してきた。夫婦は、隣の夫婦宅を訪ねることに。隣家のご主人(栗原英雄)は公務員でその妻(戸田恵子)は専業主婦。隣家の中は猛烈な汚臭が充満しており、臭いの元は飼い犬の老犬だと分かる。夫婦は部屋の臭いには閉口するものの、隣家夫妻の人柄は感じが悪いわけでもなく、今後の付き合いも考え臭いの話は差し控えることに。
ある日、妻は隣家の奥さんの万引現場を目撃してしまう。夫に相談したところ見なかったことにするよう言われたが、妻は納得できない。妻は隣家のご主人の耳にだけは入れておいた方がよいのではと提案し隣家を訪ねるが、隣家のご主人はそれを否定。この事件を発端に、2組の夫婦の間に微妙なズレが生じはじめていく。

出演

  • 段田安則
  • 優香
  • 栗原英雄
  • 戸田恵子

スタッフ

  • 作・演出/三谷幸喜

収録日・場所

  • 2017年4月6日/東京 東京芸術劇場 シアターイースト
並び替え
絞り込み

関連特集

アンコール三谷劇場

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回初回放送
新番組
最終回
生放送
5.15.1chサラウンド放送
二カ国語版二カ国語版放送
吹替版吹替版放送
字幕版字幕版放送
字幕放送
無料ノンスクランブル(無料放送)
PG-12指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
PG12指定劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
R-15指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定相当R-15指定に相当する場面があると思われるもの
R15+指定劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定相当R15+指定に相当する場面があると思われるもの
R指定1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの