{"prg_cd":"110581"}
{"prg_cd":"106261"}
{"prg_cd":"111986"}
{"prg_cd":"110580"}
{"prg_cd":"111316"}
{"prg_cd":"111762"}
{"prg_cd":"108102"}
{"prg_cd":"112009"}
{"prg_cd":"112444"}
{"prg_cd":"112443"}
{"prg_cd":"112144"}
{"prg_cd":"108710"}
{"prg_cd":"112446"}
{"prg_cd":"112301"}
{"prg_cd":"111781"}
{"prg_cd":"110965"}
{"prg_cd":"111930"}
{"prg_cd":"110629"}
{"prg_cd":"111985"}
{"prg_cd":"112127"}
{"prg_cd":"111076"}
{"prg_cd":"112291"}
{"prg_cd":"107245"}
{"prg_cd":"112262"}
{"prg_cd":"111574"}

ステージ
福田雄一×井上芳雄「グリーン&ブラックス」

4月29日(土・祝)深夜0:00スタート(全12回/月1回放送)
福田雄一×井上芳雄「グリーン&ブラックス」

#1

3/22(木)深夜0:15

WOWOWライブ

#2

3/22(木)深夜0:45

WOWOWライブ

「グリーン&ブラックス」4月以降延長決定!!!

<今後の歌ゲスト出演予定>
彩吹真央、石井一孝、浦井健治、柿澤勇人、加藤和樹、岸祐二、昆夏美、城田優、橋本さとし、柚希礼音 ほか(50音順)

舞台や映像の世界で活躍する2人、福田雄一と井上芳雄がスターを迎えお贈りするミュージカル・コメディ。福田節炸裂のドラマや、歌、トークがぎゅっと詰まった極上アワー。

2016年、WOWOWではミュージカルはもちろん、映画、ドラマ、舞台とジャンルを問わず破竹の勢いで活躍する福田雄一の脚本、監督によるオリジナルミュージカルコメデ 続きを読む ※初回放送時の情報を掲載しております。

My番組登録者数
  • 687
福田雄一×井上芳雄「グリーン&ブラックス」
#12

3/24(土)深夜0:00

WOWOWプライム 初回

舞台や映像の世界で活躍する2人、福田雄一と井上芳雄がスターを迎えお贈りするミュージカル・コメディ。福田節炸裂のドラマや、歌、トークがぎゅっと詰まった極上アワー。

歌と演技とダンス、すべてのジャンルにおいてプロフェッショナルであることが求められる、ミュージカル俳優。ミュージカルを上演している劇場の楽屋では、そんなミュージカル俳優の実態を垣間見ることができる。ミュージカル大好きのアイドル渡辺麻友が、またまた楽屋にやって来た。俳優たちが歌でアピールを始める……かと思いきや、今回は、渡辺が構想する“まゆゆオリジナル・ミュージカル”の話を語りだす。

コメディドラマの出演者

井上芳雄

福岡県福岡市出身。東京藝術大学音楽学部声楽科在学中の2000年にミュージカル『エリザべート』で鮮烈なデビューを果たす。以降『モーツァルト!』『グレート・ギャツビー』などのミュージカルほか、『組曲虐殺』『陥没』『謎の変奏曲』などのストレート作品にも出演多数。NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」、TBS「小さな巨人」に出演。BS-TBS『美しい日本に出会う旅』ではナレーションのひとりを務めるほか、自身初のレギュラー番組としてTBSラジオ『井上芳雄 by MYSELF』のラジオパーソナリティーなど活躍の場を拡げている。第63回芸術選奨文部科学大臣新人賞演劇部門他、多数受賞。
2017年10月4日に初のシングルCD『風のオリヴァストロ』を発売。
2018年には『黒蜥蜴』、「リトル・マーメイド」イン・コンサート、『1984』などの出演を控えている。

中川晃教

2001年8月1日、自身が作詞作曲をした「I WILL GET YOUR KISS」でデビュー。同曲にて第34回日本有線大賞新人賞を受賞。02年、日本初演となるミュージカル「モーツァルト!」の主役に抜擢、以降音楽活動と並行し俳優としても活動を開始。近年の主な出演作品として「抜目のない未亡人」(三谷幸喜演出)、「グランドホテル」(トム・サザーランド演出)、「フランケンシュタイン」(板垣恭一演出)等。2016年に主演を務めたミュージカル「ジャージー・ボーイズ」では第24回読売演劇大賞最優秀男優賞、第42回菊田一夫演劇賞を受賞。2018年6月「『銀河鉄道999』〜GALAXY OPERA〜」星野鉄郎役で出演決定。
9月より「ジャージー・ボーイズ」再演が控える。

城田優

2003年にミュージカル『美少女戦士セーラームーン』で俳優デビュー。2005年『テニスの王子様』を経て、『スイニートッド』『ロミオ&ジュリエット』『ファントム』など数々のミュージカルに出演。2010年『エリザベート』では史上最年少でトート役を演じ、第65回文化庁芸術祭「演劇部門」新人賞受賞を受賞。2015年には第6回岩谷時子賞奨励賞、2016年には第23回読売演劇大賞優秀男優賞を受賞。2016年ミュージカル『アップル・ツリー』で初の演出を務め、2017年12月には『4Stars 2017』へ出演と幅広く活動。
『ROOKIES』『SPEC』『純と愛』などTVドラマや『荒川アンダー ザ ブリッジ』『明烏』等の映画にも出演。今後は映画『亜人』の公開やTVドラマ『トットちゃん!』の出演も控える。

加藤和樹

2005年ミュージカル「テニスの王子様」で脚光を浴び、翌年アーティストデビューし、全国ライブツアーや、海外でのCDデビューなど音楽活動を精力的に行っている。俳優としてはドラマ「仮面ライダーカブト」、「ホタルノヒカリ」、映画「仮面ライダーTHE NEXT」などに出演。近年はミュージカル「ロミオ&ジュリエット」、「レディ・ベス」、「タイタニック」「1789-バスティーユの恋人たち」、「フランケンシュタイン」などミュージカル界でも注目を浴びている。

平方元基

福岡県出身。2011年、小池修一郎演出『ロミオ&ジュリエット』でティボルト役を好演し、ミュージカルデビュー(13年版ベンヴォーリオ役)。以降、大作に次々と出演し、活躍の場を拡げている。主な出演作、舞台:『王家の紋章』『スカーレット・ピンパーネル』『スウィート・チャリティ』『ダンス オブ ヴァンパイア』『サンセット大通り』『マイ・フェア・レディ』『エリザベート』。TV:「東京リトル・ラブ」「魔女裁判」「神の雫」「スクラップ・ティーチャー~教師再生~」など。ミュージカル・コメディ『キス・ミー・ケイト』が上演中。2017年10月『レディ・ベス』再演、2018年3月『舞妓はレディ』に出演予定。

昆夏美

洗足学園音楽大学在学中の2011年に小池修一郎演出、初演版ミュージカル『ロミオ&ジュリエット』のヒロイン・ジュリエット役でプロデビュー。その後も、『ハムレット』のヒロイン・オフィーリア、『レ・ミゼラブル』のエポニーヌ、『ミス・サイゴン』のキムなど、多くの女優が憧れる大役を次々と射止める。またアーティストとしても多数のCDをリリース。ディズニー映画『美女と野獣』プレミアム吹替版ではヒロイン・ベル役を演じる。ミュージカル界の枠を超えた新世代の歌姫。

相葉裕樹

スーパー戦隊シリーズ「侍戦隊シンケンジャー」シンケンブルー(池波流ノ介役)で一気に知名度とファン層を広げる。
映像、舞台出演の他、声優、吹替え等活動の場を広げ、アニメ「銀河機攻隊マジェスティックプリンス」では主人公ヒタチ・イズルの声を務めた。
近年の出演作品に、「レ・ミゼラブル」、「スカーレット・ピンパーネル」、「グレイト・ギャツビー」、「ラ・カージュ・オ・フォール」、映画「闇金ウシジマくんPart2」、「ローグ・ワン/STAR WARS STORY」(声の出演)他多数。
2018年5月~「ウーマン・オブ・ザ・イヤー」、「タイタニック」の出演が控えている。

渡辺麻友

1994年3月26日生まれ。埼玉県出身。2007年からAKB48の3期生として活動を開始し、2014年に行われた第6回AKB48総選挙で1位に輝く。第一回目のAKB48総選挙から全て7位内にランクインした唯一の神7。2017年大晦日のNHK紅白を最後に11年間在籍したAKB48を卒業。出演作にはテレビ東京「さばドル」、フジテレビ「戦う!書店ガール」、テレビ朝日「サヨナラ、えなりくん」など他多数。2018年5月に自身初となるミュージカル「アメリ」に主役として出演。

出演

  • 井上芳雄

スタッフ

  • 脚本・監督/福田雄一

関連特集

WOWOWオリジナルミュージカルコメディ

並び替え
絞り込み
閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回初回放送
新番組
最終回
生放送
5.15.1chサラウンド放送
二カ国語版二カ国語版放送
吹替版吹替版放送
字幕版字幕版放送
字幕放送
無料ノンスクランブル(無料放送)
PG-12指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
PG12指定劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
R-15指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定相当R-15指定に相当する場面があると思われるもの
R15+指定劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定相当R15+指定に相当する場面があると思われるもの
R指定1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの